• ホーム
  • トレンドラインを見極めて株で儲ける

トレンドラインを見極めて株で儲ける

パソコンを見る男

トレンドラインとは、チャート上に表示されている足の高値もしくは安値を結んだラインのことです。
トレンドラインを引けば、これまでどの方向に向かって動き続けたかが分かり、今後も同じ方向に進んでいくだろうと予想することが出来るのです。
トレンドラインは、株式取引において最も基本的なチャートテクニックの一つなのです。

そもそも、上昇トレンドとは時間とともに価格が上がり続けることです。
その状態であれば、チャート上の足は階段を上るように上に向かって並び、高値もしくは安値を結んだラインも左下から右上に向かうトレンドラインになり、その銘柄が上昇トレンドにあるということが分かります。
下降トレンドであればその逆になります。
一方向に進むトレンド相場であれば、トレンドラインを利用することでその動きに沿った投資が正しいという裏付けになるのです。

一方で、上昇と下降を繰り返すレンジ相場においてもトレンドラインは有効な武器になります。
レンジ相場においてトレンドラインではこれから進む方向を予測することは出来ませんが、これ以上は価格が上がらない、下がらないという働きをしてくれるのです。
株価が上下動する中にあっても、足の高値を結んだトレンドラインを突き抜けて上がることはありません。
これは、そのラインがレジスタンスラインとして機能しているからです。

逆に、足の安値を結んだトレンドラインよりも下がることもありません。
トレンドラインがサポートラインとして機能しているためです。
つまり、トレンドラインをレジスタンスとサポートの目安として使うことで、レンジ相場の中で株価が反転するポイントを見極められるのです。

もちろん、全ての状況で確実に機能するわけではありません。
しかし、トレンドラインが有効な手段であることに変わりは無いのです。

関連記事