• ホーム
  • 株価の変動を読むためのトレンドラインに基礎知識

株価の変動を読むためのトレンドラインに基礎知識

話している男女

個別株式の投資においては、チャートを見て長期や中期のトレンドがどちらにあるかを知ることが重要となっています。
株価の変動を読むためのチャート分析の手法としては、トレンドラインを用いることが挙げられます。
トレンドラインの引き方としては、チャートにおいて前回の安値と今回の安値を線で結んだものが下限のトレンドラインとなります。

また、前回の高値と今回の高値を結んだものが上限のトレンドラインとなります。
この下限から上限のトレンドラインの間で、株価は上下に変動することが多くなっています。
トレンドラインの見方としては、トレンドラインが上向きになっているか、下向きになっているかで株価の方向性を判断するようにします。
トレンドラインが上向きであれば、上昇トレンドが続くことが想定でき、逆にトレンドラインが下向きであれば、下降トレンドになっていると想定ができます。

株価のトレンドが判断できた後には上昇トレンドであれば、下限のトレンドライン付近で押し目買いをする取引が有効となってきます。
その後、上限のトレンドラインに近づいた時には利益確定をすることも可能です。
しかし、上昇トレンドの下限を株価が下回るブレイクが起こった時には、上昇トレンドが変わる兆しが出ていると考えられます。

そのため、買いの保有株がある時には、損切りを行う対応が求められるようになってきます。
逆に下降トレンドの上限のトレンドラインを株価がブレイクしてきた時には、トレンドが下降から上昇に転換する兆しが出てきます。
このようにトレンドの転換期には、逆張りの売買を考える必要が出てきます。
トレンドラインを使うと、相場の大勢が判断できるために売買がしやすくなることが期待できます。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索